趣味がゲームのおっさんのブログ

主にゲーム関連を綴っています。
購入したゲームや過去のゲームの紹介・感想がメインです。
軽い小ネタや攻略は書くことありますがガチ攻略ではないです。ネタバレも書くのでその辺はご注意を。

主にPS関係で記事にします。

SSソフトも扱いますが中古の値段が結構高めなので気が向いたら程度の
扱いです。基本的に性的表現のある18禁ソフトは扱いません。
ただし暴力性のあるグロ系のゲームは扱います。

誤字・脱字・偏見あると思いますが柔らかく閲覧してください。頭が弱いので考察は根拠がないことも多々ありますが雰囲気で楽しんで頂ければ幸いです。

プレイ日記に関しては仕事やプライベートの関係でかなり遅れることをお許しください。基本的にクリアまでは頑張ろうと思ってます。

知らないゲームを購入してみよう★3本目★

今月最後の知らないゲームを購入してみようシリーズ。

中古ショップでなんとなく閃いてやってみたこの企画。

結構楽しいです。名残惜しいですが今月は最後の1本になります。

自分ルールとして!!

1:値段は1000円以下とする。

2:ゲーム機種は特に選ばない。

3:恋愛系等の萌え要素のあるゲームは除外。

4:毎月1~3本程度の購入とする。

5:事前情報は全くない状態で直感で購入する。



19時03分 上野発夜光列車

1999年3月4日発売。

お値段:少し高めの950円

今日は近所のブックオフへ発掘しに行きました。

腰痛が凄くてフラフラしながら漁ってる姿は怪しい人に見えたろうなあ・・・(;´∀`)


さて・・・ゲームタイトルとは思えないこのゲーム。

なんとなく気になって取り出しました。



ストーリー。

19時03分上野発、札幌行き寝台列車「北斗星5号」

主人公は札幌に行くために飛び乗った。

北斗星5号は仙台を過ぎ次の停車駅の函館に向かっている。

主人公はなにげにトイレに行き列車内に人がいないのに気付く。

何かが起こっている、事件か、残されている乗客はいるのか。

主人公は列車内を探し始めた。はたしてそこには何が待ち受けているのか・・・。

(説明書より抜粋)


道民としてなじみ深い地名があると嬉しいですねえ。

汽車には詳しくないけど北斗星は見たことあるなあ(*´ω`)

PSにしては物凄く映像も綺麗でBGMも良いです。

主人公は2人みたいです。

とりあえず男性主人公を選んでみました。

どうやらこれはサウンドノベルのようですね。

かまいたちの夜みたいな感じです。

しかし、かまいたちの夜よりも映像も音も良いです。

むしろかまいたちの夜2をプレイしてるような感じです。

このように選択肢もあります。

まあサウンドノベルですから当たり前ですね(*´ω`)

ホントに映像が綺麗なので感情移入しやすいです。

主人公の男性の過去は結構重たいです。

ついに殺人事件の発生です。このゲームはサスペンスらしいです。

かまいたちの夜のように推理があります。

この文字を入れる所なんですが無駄に打ち込める文字が多いです。

かなりの漢字も収録されてますが・・・正解の答えって1万種類とかあるんだろうか?

試しに下ネタを入れてみましたが何もありませんでした( ;∀;)


そんなこんなでシナリオクリアしましたが・・・

どうも短い。どうやら謎を残して終わってるみたいなのでまだまだ続きがありそう。

そんな時はPS版かまいたちの夜みたいにフローチャートがあるので便利です。

システムはとても親切なのでプレイしやすい。



さて殺人事件の真相も気になるので進めてみると・・・

どこでどう間違えたのか(´゚д゚`)

なんと!!!殺人事件のシナリオはメインではないみたいです。

実はホラーシナリオがメインみたいです。


とりあえず殺人事件はなかったことにして進めてみることに。

冒頭のストーリーに殺人事件の殺の字もなかったでからね(笑)

どうやら列車内で何かがあったのは確かみたい。

でも人が消えた理由は謎。

人のいない列車内に残っていた少女。

室蘭出身の中学生・・・。室蘭(*´ω`)洞爺湖はいいとこですなあ。

今年の夏にサンパレス行きたいなあ(;´∀`)

途中、腹が減って厨房に残ってた材料で飯を食う緊張感のない2人。

かまいたちの夜みたいなノリだ( ;∀;)

話も本題に入り徐々に恐怖の影が見え隠れしてきます。

ついに猟奇的な事件の発生。

普通の殺人事件ではない。

どうやら・・・この事件の元凶は虫らしい。

少しづつ、グロ描写が出てきてます。

列車・虫・寄生・・・どっかで見たような聞いたようなシナリオになってきた。

メタ発言(笑)確かにB級ホラーのノリです。

もはや設定が某バイオなんとかってゲームですね・・・。

話もクライマックス。大量の虫に襲われます。

室蘭出身の女の子が虫に襲われなかった理由。

主人公が最初に襲われずに済んだ理由がここで明かされます。

「なるほど!!」って唸ってしまいましたが所詮はB級ホラー・・・。

でも感心しました(笑)理由は教えないでおきます( *´艸`)

ヒントはこの暗い中での緑の光とだけ言っておきましょう。

時々だけ見せてくれるグロ描写。なんかリアリティに欠けてるんだよなあ。

最終的には虫の全滅と函館を守る為に青函トンネル内で列車を爆破させます。

青函トンネルでそんなことしちゃダメ><

青森行けなくなるじゃないか(笑)

フィニッシュは某なんとかハザードと一緒で証拠隠滅の如く爆破処理。

ここまで盛大にパクると笑えます。

無事に青函トンネルを抜けて函館着。

いやあ函館朝市も函館山も赤レンガ倉庫も守れたし感無量ですなあ(笑)

ここでEDです。途中で合流した方と歩いて函館駅へ行くことに・・・

結構遠いぞ・・・・(´゚д゚`)その格好で歩いて行けるほど函館の冬は甘くねえ・・・。


感想

良ゲー。

面白かった(*´ω`)

ハマってEDまで進めてしまいました。

そうですねえ・・・悪く言えば出来そこないのバイオハザード0のサウンドノベルかな。

良く言えばバイオハザード0のインスパイアですね。

どことなくバイオ2のラストにも似てますね。

PSとしては映像はかなり綺麗です。BGMも中々いい感じです。

これは実は名作なのではないでしょうか。

発売当時の定価は1980円。この値段ならかなり良心的な値段だと思います。

中古で950円ならこれはお得です。

殺人事件編の謎がまだ残ってて更に女主人公もまだなのでボリューム的には問題なし。

他にも第3の主人公もいるらしいので10時間は遊べるかな?

ロードもほぼなしで快適に遊べました。見かけたら購入しても後悔はしないかと思います。サウンドノベルが好きならお薦めかな(*'ω'*)

因みにバイオハザード0は2002年発売なので0のパクリではないです。

むしろカプコンが参考にしたんじゃね?なんて思っちゃったり(笑)

バイオ2を参考にしてる可能性はありますね。最後の列車あたりが似てました。


因みに1999年3月4日発売のPSソフト

ペプシマン

エアレースチャンピオンシップ

トゥームレイダーⅢ

悠久幻想曲 ensemble2

サイレントヒル

ヴァンピール吸血鬼伝説

猫侍

Sonata

アームドファイター


ペプシマンは懐かしい曲とあのノリがよかった(笑)

サイレントヒルはこの日だったか・・・。あれは怖かった。

猫侍はよくわからない迷作だったなあ。

トゥームレイダーⅢはやったことはないけど有名ですね。

他は知らない( ;∀;)


最後に。


今月の知らないゲームを購入しようシリーズは終了。

また来月に1~3本購入して記事にしようと思ってます。

お試しで記事にしてみましたが意外と楽しかったので今後も続けていこうと思います。

自分が知らないだけでここを読んでる方は「知ってるよ!!」「有名じゃん!」

なんて突っ込みあると思いますが自分が知らないと言う前提なのでご了承ください^^;

来月はどんな未知のゲームと出会えるか楽しみです( *´艸`)

まあ・・・左のキズ有りソフトはどうしようか悩んでますが(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。