趣味がゲームのおっさんのブログ

主にゲーム関連を綴っています。
購入したゲームや過去のゲームの紹介・感想がメインです。
軽い小ネタや攻略は書くことありますがガチ攻略ではないです。ネタバレも書くのでその辺はご注意を。

主にPS関係で記事にします。

SSソフトも扱いますが中古の値段が結構高めなので気が向いたら程度の
扱いです。基本的に性的表現のある18禁ソフトは扱いません。
ただし暴力性のあるグロ系のゲームは扱います。

誤字・脱字・偏見あると思いますが柔らかく閲覧してください。頭が弱いので考察は根拠がないことも多々ありますが雰囲気で楽しんで頂ければ幸いです。

プレイ日記に関しては仕事やプライベートの関係でかなり遅れることをお許しください。基本的にクリアまでは頑張ろうと思ってます。

夕闇通り探検隊

夕闇通り探検隊

発売日:1999年10月7日

ジャンル:サイコホラーアドベンチャー


ブログ開始当初に記事にしたゲームです。

あの時は何を書こうか試行錯誤でとりあえず書きましたが大体ブログの書き方も決まってきたのでもう一度記事にしようと思いました。

このゲームはメーカーこそ違いますがトワイライトシンドロームの後継作品です。

発売当初は売れ行きは良くなかったらしく後に評価され現在では出荷数が少ないことから

超プレミア化して現在でも中古で1万超え。新品だと3~5万もする代物です。

攻略本もありますがこれまたプレミア化しており約1万円する恐ろしいソフトです。

ゲームアーカイブスでも配信されていなく現在プレイするのは困難なゲームです。

ストーリー

高度成長期に伴い、ベッドタウンとして急速に発展した陽見市。この街にある陽見中学校では人面ガラスの噂が囁かれていた。主人公の一人ナオは噂を確かめる口実に想いを寄せているクルミを誘い強引についてきたサンゴの3人と学校裏にある鳥塚に向かう。鳥塚の前から進もうとしない愛犬メロスをつなぎ、クルミとサンゴを残して1人で鳥塚に向かうナオ。たどり着いた彼の前に人面ガラスが現れとんでもないことを言い残す。

「あと100日で、誰か死ぬ」不吉な言葉を残し恐怖で失神するナオ。100日以内に呪いは解けるのか?


主人公は3人。

村上直樹

同級生のクルミに恋心を抱いている少年。成績優秀な中流家庭の一人っ子。

ナイーブな性格だがそれを表に出さない性格。


椎名久留美

一般的には可愛い部類に入る少女。

霊感があり霊の存在が現実の一部となっているため奇抜な行動や発言が多い。

両親は心配して精神科へ通院させている。同級生の間では宇宙人と呼ばれている。


平内繭

同人誌に純文学小説を寄稿する眼鏡っ子。いわゆるオタク。

自分の名前が好きになれずさらに恋愛依存症の姉に嫌気がさし女性らしさを封印するために自らサンゴと名乗る。村上直樹に想いを寄せているが隠している。霊感はない。


ゲームの流れは4種類。

学校シーン。相談シーン。散歩シーン。プライベートシーン。

100日間これを繰り返してプレイしていきます。


簡単に流れを(*´ω`)

まずは3人のうちの誰かを選んで学校シーンへ行きます。

ここで重要なのは始まる日付は5月7日から。

このゲームは噂を集めるために動くわけですが噂の日数や検証の日数が決まっています。

そして噂を聞けるキャラクターも決まっています。

つまり計画通りに進めないと無駄に時間が過ぎてしまいます。

このように女子トイレで噂話をしている連中がいるわけで・・・

この話を最後までスキップをせず聞いてから自ら話しかけてさらに詳しく聞き出します。

女子トイレならナオ君は入れないですよね?^^;

しかしまあ中学生とかってなんでトイレが好きなんですかねえ(*´ω`)

男子なら喧嘩呼び出しだと便所こいや!!なんてのが定番だし(´・ω・`)

今回の噂は初日なので簡単なお話で。

トイレの花子さんの噂です。全国どこでも花子さんは有名ですね。

ちなみに自分は小学1年生の頃ですが「3番目の花子さん遊びましょ。赤・青・黄色」と言うと花子さんが現れると言われており試してみたらボールをつく音が聞こえてその場にいた全員が逃げた記憶があります。今思えば別な音だとは思いますが(笑)

そんなわけで花子さんの噂を入手。

ちなみに学校シーンは5分以内という制限があります。

少ない時間で計画を立ててプレイしないと時間切れで1日が終わることもあります。

噂を入手するとこのようにメモに入ります。

因みにこの花子さんの噂の期限は結構長めなのでゆっくりプレイしても良いと思います。

入手期間は5月7日~8月13日。検証期間は入手後から8月13日までです。

噂の場所は多摩川の近くの陽見橋。

この地図だとわかりずらいんですが添付されているマップでは本町のすぐ上にある場所から左に進むとすぐに到着出来ます。昔はこんな地図ありましたよね。地元では名前まで書かれていましたから今から考えればプライバシーもくそもない時代でした( ;∀;)

検証は愛犬のメロスの散歩がてら行うため別名犬の散歩ゲーとも言われtます(笑)

ドット絵なんですがこれが又綺麗でリアルに街が再現されてるんですよ。

鳥の鳴き声や電車の音。時折通る車等凄くリアルで見てても楽しいです。

ちゃんと人も歩いてるし犬の散歩してる人も多いです(笑)

多摩川に近い駅前へ移動して目的地へ行きます。

近いと言っても結構遠いんですが^^;

このようにマップは出来ていて確認しながら移動します。

移動している間も時間は過ぎていきます。

噂では最初に出会った人が花子さんの墓を知ってるということ。

黄色い服を来た婆ちゃんが重要人物です。

この人から話を聞いたらまずは1日目の検証は終わります。

検証が終わったら相談シーンです。ここで話をまとめて今後のことを決めます。

このシーンが重要でこれをやらないと話が進みません。

1日が終了し選んだ主人公のプライベートが見れます。

これが又リアルで親との会話や主人公の行動が細かく表現されています。

中学生ながらの心理描写とか物凄くリアルです。自分もこうだったなあなんて思ってしまいます。

2日目に入ったら新たな噂があります。

花子さんと同時進行で入手します。

今度は怨念のこもった死体の話。

女子トイレで話を聞いたら今度は廊下で男子の会話を聞きます。

男のくせに噂話とかすんな(´・ω・`)男子は教室の机に座って話すもんだろ><

新たに死体の噂も入手します。

これも勿論期限がありますので計画的に解決させないとダメです。

花子さんの話を解決させるにはちょっとめんどくさいことをします。

17:30以降に黄色い服の婆さんと会って墓について聞き出します。

19:00までに聞かないと婆ちゃんは来ないです。

時間は日付の横に表示されています。

この時間制限が物凄く時間の大切さを教えてくれます(笑)

婆ちゃんが教えてくれた場所へ向かいます。

ちなみに主人公はクルミを選んでおけば最短2日で解決可能です。

というかクルミじゃないと最後は解決出来ないので2日目はクルミを選ぶのがベター。

進んでいくとこのようにパノラマビューになるので周囲を観察します。

画像は荒いですが何かがいます。

不気味な女の子に遭遇。

BGMが怖くて夜中にはやりたくないです。

ここで遊ぶを選ぶと・・・・・・。

なので遊ばないを選択します。

女の子はいなくなります。婆ちゃんが女の子について話してくれます。

相談シーンで話をまとめます。

結局は墓は見つかりませんでしたが。

薄いですけど了の文字がでます。

これで第1の噂は解決です。

噂の数は44個。

100日以内に解決できないとゲームオーバー。

日にちが経つにつれ霊障も起こり夜中に怪奇現象が起こったりします。

ちなみに人面ガラスはこんなのです。

イケメンですねw


ちょっとばかし値段は高いですがプレイする価値はあります。

噂自体は都市伝説的なもの現実的なものが多いです。なので大して怖くはないんですが

物語が逸品で最後は涙なくしては見れません。

難易度はかなり高くて事前情報がなければ攻略はかなり厳しいです。

テンポもよくないのでかなり時間かけてプレイすることになります。

お財布に余裕があってなおかつ中古ショップで見かけたらダッシュで購入です(笑)

どこか懐かしくて切なくなる雰囲気はPSだけど十分味わえますよ^^


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。