趣味がゲームのおっさんのブログ

主にゲーム関連を綴っています。
購入したゲームや過去のゲームの紹介・感想がメインです。
軽い小ネタや攻略は書くことありますがガチ攻略ではないです。ネタバレも書くのでその辺はご注意を。

主にPS関係で記事にします。

SSソフトも扱いますが中古の値段が結構高めなので気が向いたら程度の
扱いです。基本的に性的表現のある18禁ソフトは扱いません。
ただし暴力性のあるグロ系のゲームは扱います。

誤字・脱字・偏見あると思いますが柔らかく閲覧してください。頭が弱いので考察は根拠がないことも多々ありますが雰囲気で楽しんで頂ければ幸いです。

プレイ日記に関しては仕事やプライベートの関係でかなり遅れることをお許しください。基本的にクリアまでは頑張ろうと思ってます。

南国少年パプワくん

南国少年パプワくん
機種:SFC
発売日:1994年3月25日
ジャンル:アクション

南国少年パプワくんを知っている人は今現在いるのだろうか。
この漫画jojoおっさんが中学生の時に月間少年ガンガンで連載されていた。
連載当初はギャグ路線でかなり笑った漫画でした。
後半になるとギャグ様子はあったけどシリアスになってしまい面白くなくなった。
最終的にはヱヴァンゲリヲン的な終わり方でスッキリしなかった。
それにしてもパプワや犬のチャッピー等個性豊かなキャラには今でも愛着あります。
90年代にアニメ版もありシンタローがパプワ島を離れるとこで終わりましたが。
最終回はアニメディアでも1位になるほど人気がありました。


キャラも個性的でカタツムリのイトウ君や魚のタンノ君。
特にタンノ君の体を張った「煮て良し!焼いて良し!でもタタキは嫌!ワサビがしみる」
ってギャグは20年以上経った今でも忘れられない強烈な記憶があります(笑)
最終的にはホモ路線に走った作者の柴田亜美先生・・・・・
漫画家としては今現在でも通用するのでは?なんて思うけど・・・。
でも必ずこの人の漫画はホモ路線なんだよなあ・・・・。


パプワ君がゲームになってたのもあまり知られてないのではないでしょうか。
当時としては良くあるアクションゲーム。
主人公はパプワの友達のシンタロー。
ブラコン強烈な印象のシンタローですね。


アクションは、パンチ・キック。下蹴り等結構多彩。


必殺技はガンマ砲。
要するにカメハメ波なんですが(笑)


カタツムリのイトウ君。
シンタローにはナマモノなんて呼ばれてました。
声優さんはなんと玄田さん。有名どころではアーノルドシュワルツネッガー。
クレヨンしんちゃんのアクション仮面が有名かな。

SFCにしては2Dドットも凝っていてアニメーションは凄く良い。
今プレイしても違和感なく遊べたりします。

網タイツを履いた魚のタンノ君。
個人的には一番好きなキャラでした。

やっぱ、タンノ君は「煮て良し!焼いて良し!でもタタキは嫌!」って強烈だわ(笑)

敵は原作と同じでガンマ団。
こいつはトットリ君。
敵の名前は基本的に地名でしたね。

1ステージクリアでこのようにパプワ君が登場。
んばばんばんばめらっさめらっさ(笑)今でもこの踊り覚えてます。

パプワくんって何故か日本の扇子が印象的ですよね。

結構、難易度は高い。
アクションゲームとしてはレベルは高い部類です。
今プレイしても原作の雰囲気を壊さず楽しくプレイ出来ます。
まあ・・・原作を知らないと面白さは半減するかと思いますが^^;
パプワくんを久しぶりに読んでプレイしたくなっちゃいました(笑)
自分はPAPUWAの方は読んだことないですが。
初期のパプワくんは絶対に誰でも笑えた漫画でした。
今日はこのゲームをクリア目指して頑張ろうと思います(笑)
パプワくんを知らない方は是非とも読んで頂きたいですね。
あのギャグセンスと強烈な登場人物は今の漫画家には真似できないのでは・・・・。
柴田亜美の最高傑作を一度は体験してみてください(笑)


おまけ

南国少年パプワくんOP 「んばば・ラブソング」

南国少年パプワくんED もしかすっとナンセンス

Nangoku Shounen Papuwa kun ED2




続々・気分はパプワ晴れ~完結編

主題歌も当時は凄く人気ありました。
特にもしかすっと人生自体ナンセンスなのかもしんないよ。は深いですね。
まあ、jojoおっさんは気分はパプワ晴れが今聞いても元気の出る曲ですが(笑)
これ聞いたらマジで悩みなんて吹っ飛ぶ曲ですよ・・・。久々に聞いたら涙でた(笑)
昔の純粋な気持ちを思い出したいときに気分はパプワ晴れ聞くとホントに元気出ますわ(笑)


それでわ(*´ω`)ノ
明後日はキングダムハーツ発売だなあ(*´ω`)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。