趣味がゲームのおっさんのブログ

主にゲーム関連を綴っています。
購入したゲームや過去のゲームの紹介・感想がメインです。
軽い小ネタや攻略は書くことありますがガチ攻略ではないです。ネタバレも書くのでその辺はご注意を。

主にPS関係で記事にします。

SSソフトも扱いますが中古の値段が結構高めなので気が向いたら程度の
扱いです。基本的に性的表現のある18禁ソフトは扱いません。
ただし暴力性のあるグロ系のゲームは扱います。

誤字・脱字・偏見あると思いますが柔らかく閲覧してください。頭が弱いので考察は根拠がないことも多々ありますが雰囲気で楽しんで頂ければ幸いです。

プレイ日記に関しては仕事やプライベートの関係でかなり遅れることをお許しください。基本的にクリアまでは頑張ろうと思ってます。

人喰いの大鷲トリコ

龍が如く6より少し早く12月6日に発売されました。
発表されてからどうにも週刊少年ジャンプで連載してたトリコを連想してました。
PS2で発売されたICOやワンダと巨像で有名な上田文人氏が監督のゲーム。
2009年に発表されてから全く音沙汰のないソフトでもありました。
開発が困難でPS3で出す予定が延期を繰り返すうちにPS4での発売になりました。
開発中断の発表があったりそれを否定したり・・・結構難産なゲームですねえ(*´ω`)

ICOやワンダと巨像は結構コアなファンが多いソフトで有名です。
ただ好き嫌いハッキリ別れるゲームでした。
そんな自分はどうもあの雰囲気に馴染めなくICOは即売り。巨像も投げ出す始末。
あの何とも言えない雰囲気が肌に合いませんでした。
トリコも発表されてからは特に注目はしてなかったんですが^^;
そういえばトリコって発売されたんだっけ?程度の感じでした。

今、勢いに乗ってるPS4だし買っちゃうか!!みたいなノリで無駄使いしました(笑)
そもそもトリコってなに?犬?鼠?気持ち悪いってのが第一印象。
タイトル見れば大鷲って書いてますがキメラですね(笑)

基本的にはこの少年を操りトリコと冒険することになります。
この子は非力ですが運動神経は抜群でした。
物語は自分には正直わかりません。
冒頭で目が覚めて目の前に怪我をしたトリコがいて餌をあげたり怪我の治療してやったり
そんなこんなで外へ出たらトリコも一緒について来ちゃった!みたいな感じです。

てかこんなもん目が覚めて目の前にいたらちびりますわ(*´ω`)
BGMがなくて鳴き声だけが響く世界。
最初はチュートリアル。操作方法をまずは覚えます。

そこら辺に落ちてる餌(樽)を食べさせてなつかせる?
近づくと咬まれるので遠くから投げて食べさせます。
後はよじ登って槍を抜いてあげます。
そのたびに暴れてぶっ飛ばされて気絶する少年・・・・。

チュートリアルはありますが何をしていいかわからない。
簡単に言えば脱出&パズルゲームなんですが。ノーヒントです。
BGMは無音に近いですね。ただ動いてる時の躍動感は物凄くありました。
カメラワークが結構悪い。狭い場所だとかなりイライラするかも^^;
FF15といい龍が如く6といい今年後半のゲームはカメラワークに難がありますな。

このように通れなそうな道も考えればちゃんと行けるようになっています。
トリコを使って突破していきます。

トリコは尻尾から雷を出すことが出来るので壊せるものは破壊して進んでいきます。

アクション部分は少年が頑張ります。
トリコが行けない道があったら少年が道を作ってあげます。
登って下がって壁に張り付いてそして謎解き。

結構助けてもらったのにあっさりトリコと別れようとする少年も冷たいなあ(笑)

映像は綺麗ですねえ。毎回映像が綺麗と自分は書いてますが^^;
トリコは躍動感が物凄くあります。ホントの生き物のような動きが凄いです。
特にトリコのモフモフ感といいますがフサフサ感といいますか。

今のところトリコがなんの動物なのか全く謎です。
自分はキリン・犬・鼠・カラスをイメージしてます。
大鷲なんだけど翼は折れてて飛べません。ジャンプ力はあります。

高くて行けない場所はトリコを呼んで体をよじ登って飛び越えたりします。
ただ・・・トリコが思ったように動いてくれないのがイライラしますね(*´ω`)
なつき度?みたいのがあるのかな。餌上げたりなでたりしたりするのでそうかも。

これが餌ですね。樽ごと喰ってますがおそらく蝶を食べてるのかな?

ホントに映像綺麗です。世間ではPS3開発だったので映像は古いとか荒いとか言われて
ますが目の悪いおっさんには全てが綺麗に見えます。
この緑を見るだけでも癒されました。

物語もわからず突き進む少年。
雰囲気は明るい感じはあるけど・・・なんか暗い。
凶悪な敵のいない優しい世界のダークソウルでしょうか(笑)

なんて思ってたらトリコが突然凶暴化して喰われたり( ;∀;)

変な鎧野郎に追いかけられたり(*´ω`)

追い詰められたり(T_T)

トリコ大先生が助けてくれます(笑)

見た目は不気味ですがどこか憎めないトリコ。
デカイ体のくせして無理矢理狭い道を来ようとします。
頭挟まって出れなくなるトリコ。そして鳴く(笑)
愛着が沸くと言えば沸きますね^^;

何故か少年の後をずっと追いかけてきます。
一体この生き物は何なのか・・・・。
クリアすればわかるのかな?

感想
初見はかなり時間かかると思います。
謎解きはノーヒント。一見行けなさそうな場所も実は行けたりする。
トリコを使って乗り越えたり狭い道があったり。ちゃんと観察しないと難しい。
恐らく途中で断念するする人もいるかもしれませんね。
自分も外に出るまで30分は考えました。序盤でいきなり30分・・・。後が怖い・・・。
BGMは基本的にない。所々重要なシーンではBGMが流れる。LIMBOに似てますね。
物語がよくわからないけど多分、OPの虫とか魚とか壁画で想像するのかな?
ロードは全く気にならなかった。ロードはほぼないと思います。
カメラワークが悪い。特に狭い場所だとイライラ。カメラ酔いする人は注意ですね。
トリコが思ったように動いてくれない。これも結構イライラします。
独特な世界観なので好みは別れます。脱出ゲームやパズルゲーム好きなら良いかと。
純粋なアクションゲームとして期待したらガッカリします。
風の旅人やLIMBOに似た世界感じですね。ひたすら謎解いて進んでいく。
映像は個人的には綺麗だと思います。躍動感が物凄くいい感じ。
ICOやワンダと巨像をプレイしてる方は違和感なくプレイ出来るかと思います。
これは動画見たり情報集めて購入するのが得策ですね。
ハマる人はハマるけど受け付けない人も結構いると思われます。
そんな自分はプレイしてなんとなく淡々と何も考えずやってます。
面白いというわけでもなく面白くないってわけでもないです。
なんとなく淡々とプレイしてるだけですね^^;
普通ゲーと考えれば買って損はないと思うけど・・・もう少し安くなってから買った方が
いいかもしれませんね。


恐らく今年最後の購入ソフトでした。
来月はバイオ7もありますし無駄使いはせず暫くは持ってるゲームを記事にしよう(笑)
雪割の花もやっと記事に出来そうだし(笑)
次回はPS4で発売された今年のソフトランキングベスト5でも記事にします。
それでわ(*'▽')ノ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。