趣味がゲームのおっさんのブログ

主にゲーム関連を綴っています。
購入したゲームや過去のゲームの紹介・感想がメインです。
軽い小ネタや攻略は書くことありますがガチ攻略ではないです。ネタバレも書くのでその辺はご注意を。

主にPS関係で記事にします。

SSソフトも扱いますが中古の値段が結構高めなので気が向いたら程度の
扱いです。基本的に性的表現のある18禁ソフトは扱いません。
ただし暴力性のあるグロ系のゲームは扱います。

誤字・脱字・偏見あると思いますが柔らかく閲覧してください。頭が弱いので考察は根拠がないことも多々ありますが雰囲気で楽しんで頂ければ幸いです。

プレイ日記に関しては仕事やプライベートの関係でかなり遅れることをお許しください。基本的にクリアまでは頑張ろうと思ってます。

季節を抱きしめて

季節を抱きしめて。昨日紹介したやるドラシリーズ第2弾。
ダブルキャストから約2か月後の1998年7月23日に発売されました。
ダブルキャストとは違って恋愛的な要素が色濃くサスペンスはありません。
ただ・・・・三角関係だの二股だの結構修羅場な場面があって昼ドラみたいです。

ディスクはシリーズ通して2枚組。
あらすじ。
季節は桜咲く春。タウン雑誌の原稿を書くバイトをしている主人公の大学生。
ある日主人公は大学構内にある桜の木の下で倒れている女の子を発見する。
しかし女の子は記憶喪失。以前主人公が想いを寄せていた子に瓜二つで惹かれてしまう。
主人公に一方的な想いを寄せているトモコは警察か病院に連れて行けば・・・と言うが。

システムは昨日紹介したダブルキャストと全く同じです。
選択肢を選んで進めていくだけです。

セーブも一緒です。やはりダブルキャストと同じで一度EDを見てセーブすると最初からになります。スキップ機能はありますがやはりテンポは悪いです。何回もプレイしてEDと選択肢埋めの地獄が待っています。

映像画質はやはりPSとは思えないほどのクオリティ。
見応えはあります。

主人公のガールフレンド。トモコさん。
主人公の予備校時代からの友人。なんですがトモコさんは主人公を愛しちゃってます。
主人公と一緒のタウン情報誌のバイトをしています。
主人公とは違ってちゃんと常識持った人。記憶喪失の子を見つけて警察か病院に連れてけと言ってくれる方。ヱヴァンゲリヲンの葛城ミサトさんそっくり(笑)声優も同じ(笑)

記憶喪失娘第2弾!!麻由さん。
主人公の大学構内の桜の木の下で倒れていた女の子。
しかも女子高生。記憶探しの為に主人公と手掛かりを探すことに。
記憶喪失・女子高生なのにビジネスホテルに泊まってたり猫の餌買ってやったり・・・
金銭面はどうしてるのか謎の女の子。
主人公が昔想いを寄せていた女の子の麻由と名乗る。

麻由の倒れていた桜の木には曰くが。悲恋桜と呼ばれており・・・この木の下で結ばれたカップルは必ず別れる。某なんちゃらメモリアルの伝説の樹とは正反対の恐ろしい伝説。
物語は主人公の過去と悲恋桜が絡みます。最後は都市伝説的な話になっていきます。
と言ってもホラーではないです。ファンタジー系かなあ。

主人公はタウン情報誌の星座占い担当。
適当に書いてるだけなのに何故か大人気コーナーの一つになってる。
まあ占いなんて実際は適当に書いてるだけと思ってますが(笑)

自分の心理状態とか思ってることとか適当に書く主人公。
まあ後にこれが修羅場になるんですが。

制服マニアの危ない友人に麻由が着ている制服を見せるがわからず。
妹なら紹介してよ~なんて言われる始末。

昔のオタク系の部屋もこの通り再現(笑)
PS初代がおいてありますね(笑)
ビデオテープが懐かしいです。1998年はまだビデオが現役。2000年にPS2が出てから爆発的に普及したDVDはまだありません(笑)

主人公と記憶探ししてますが・・・・
探す場所が間違ってるような・・・
映画のタイトルが笑えます(笑)制服着た女のこと大学生がこんなとこいたら速攻で職質されますね(笑)

トモコさんはホントに主人公に惚れている。
ちゃんと女の子してて主人公が落ち込んでる時は必ず傍に居てくれる尽すタイプ。
怒らせると怖いけど個人的には麻由よりトモコが好きだなあ・・・。

トモコさんに内緒で麻由と同棲生活することに・・・。
実は主人公はタウン雑誌を利用して麻由に会えるように仕組んだりします。
まあ悪気はないし主人公自身はトモコを友人と思ってるし。複雑だなあ(笑)
というか現実的にトモコと同じ意見で警察か病院につれてけよ・・・・。

料理も上手。高校生でここまでやれたらいい嫁さんになるでしょうねえ(*´ω`)

ぬう・・・・(# ゚Д゚)歯ブラシ2本・・・・何か許せねえ・・・・。

包丁持ってますがダブルキャストみたいに豹変はしません(笑)
90年代のアニメ絵はどうして目がこんなに大きいのか。頭蓋骨見てみたい(*´ω`)

ダブルキャストもそうでしたが食べ物が美味しそう。
サンドイッチ食べたくなった・・・。
主人公が適当に書いた占いで皆がこれを頼んでます。

花見をしてるおっさん達。桜の枝を折ってしまいます。

それを見た麻由は苦しみます。

病院ではこの物語に触れる重要な会話がされてます。
患者の個人情報とか余裕で雑談する看護師。今なら大炎上ですね。
中途半端なナースキャップ・・・。カチューシャみたいで笑った。
ナースキャップがまだ使用されてた時代から働いてた自分には突っ込み所満載なシーン。

とうとう同棲がばれてしまう修羅場シーン。
なんかキャサリンを思い出してしまいました。
そういえばキャサリンもトモコと同じ声優だった(笑)

トモコが主人公にプレゼントした尻尾のキーホルダー。
これは主人公が一人で寂しそうに落ち込んでていて励ましてあげようとトモコが
真心こめてプレゼントした物。こりゃあトモコさんも怒りますわ( ;∀;)

声優も迫真の演技で見どころ満載。
トモコさんの初めて流す涙に驚く主人公。

今度はトモコさんの反撃。
麻由に主人公のやった行為を話します。
それは麻由に会いたいが為に雑誌を利用して麻由を誘い出したこと。

女の涙第2弾><女泣かせの主人公。
主人公には全く悪気ないし別に手もつけちゃいないんですがね・・・
ただ主人公の悪かったことはトモコとの関係をどうするかハッキリ話すべきだった。

泣いて飛び出した麻由。追いかけないでと主人公を止めるトモコさん。
しかしグッドEDのために泣く泣く麻由を追いかける選択肢。

主人公の言い訳タイム!!
いやあ(笑)見てて胸が痛みますが・・・・展開が面白い・・・。

結局・・・こうなりましたがね!!!(# ゚Д゚)

しかし!!話はこれで終わりではないです。
重要なシーンはぶっ飛ばしました。
主人公の過去の片思いの女性。そして片思いの女性の名前は麻由。悲恋桜の歴史。
これが絶妙に絡んでいて唸るほど感心しました。
主人公の片思いの麻由はどうしてるのか!?
そして目の前に居る記憶喪失の麻由は何者なのか!?
悲恋桜の本当の伝説とは!?

全ての謎が解けた時スッキリします。
まあ・・・個人的にはそりゃあないだろう・・・なんて思いましたが(笑)

ダブルキャストはサスペンス。
季節を抱きしめては恋愛ファンタジーだろうか・・・。
非現実的な内容ではありますが物語がしっかり作り込まれています。
細かい分岐点の多さもあり中々面白いです。
後半の目の離せない展開は必見ですね。
自分が見たのはグッドエンディング3。
他にもグッドエンディングは存在します。萌え系キャラに抵抗がなければ楽しめます。
中古でも安いしPSPやアーカイブでも購入できますので手に取ってみては?
次回は第3弾のサンパギータを記事にしようと思います。


おまけ

季節を抱きしめてED曲 byjojo
ED曲も名曲です。次回記事予定のサンパギータの予告も入ってますよ。
このゲームはあまり話題になってませんが隠れた名作でしょう。
ただダブルキャストのインパクトには勝てないですが(笑)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。